LINE掲示板と直アドの関係

関係

今回はLINE掲示板と直アドの関係について話そうと思います。
LINE掲示板を利用する目的は、気になるタイプの女性とデートすることでしょう。
ですが、いきなりデートにはなりません。
まず目標にするのが「直アド」です。
直アドとは……。
一般的にはLINE掲示板にアクセスして掲示板を通してやりとりをするパターンです。
これではポイント課金制LINE掲示板ならばお金が必要ですし、「完全無料」のLINE掲示板や「定額制」のLINE掲示板でもアクセスしなければならない手間があります。
それよりも普段から使っているメールでやりとりするほうが楽です。
ですが、いくらLINE掲示板でも「直アド」を聞く場合は失礼になります。
ましてLINE掲示板で直アドは個人情報と一緒です。
簡単に教えてくれません。
面識もない人にプライベトなメールアドレスを教えることは、住所や電話番号を教えることと同じだからです。
教えてもらうには、信頼感を得るしか方法がありません。
だからそれなりに時間がかかるのです。
まずはファーストメールであなたの人物像に関心を持っていただくことです。
そして、気に入ってももらったらメールのやり取りが続きます。
ここでメールのネタになる話題を切らさないことがポイントです。
相手のプロフィール欄をしっかりと熟読して、どういった人物なのかを妄想してください。
プロフィール欄に書かれている内容だけではすぐにネタ切れになります。
相手が興味を持っていることを探り当てれば、なんか趣味が合いそうという空気感ができてきます。
これが意気投合することに繋がるのです。

ラインのサービス機能は全て無料?

ラインは基本的には無料アプリですが、一部有料のサービスがある事を理解しておきましょう。
では何が無料で何が有料なのか簡単に紹介したいと思います。

まずラインは最初は全てのサービスが無料でスタートしたアプリです。
そのため基本のサービスは全て無料で利用する事が可能です。
例えばラインから通話するとネット回線を利用するため電話回線のように通話料が発生しません。
同じように通話しているのに?と思うかもしれませんがネット回線に音声を乗せて通話しているのです。
そしてチャットの会話やスタンダードなスタンプは無料で利用する事が出来ます。

では有料のサービスとは何かというと後から追加されたサービスが有料コンテンツとして存在します。
スタンプも無料で使えるものでも十分かもしれませんが、可愛いもの新しいものなどはラインコインを購入する必要があるので有料です。
そしてラインではゲームと提携していたり、音楽を購入する事が出来たり、占いをしてもらったりとコンテンツは以前と比べ充実しています。

しかしそれらのコンテンツは全て有料になっています。
1つ1つの料金はそれほど高くないのでついつい気軽にコンテンツを利用してしまいますが、気づけば結構お金を使ってしまっている。
そんな事がないように無駄遣いはせず必要なサービスにだけお金を払うようにしましょう。

ラインに限らずゲームも基本は無料で遊べるものが多いですが課金制度で必要なアイテムを手に入れるために課金してお金を払う。
子供の場合は夢中になりすぎて、気づけばすごい金額を課金していて請求書を見て親が驚くというケースが増えています。

ラインが人気が出た理由

ラインはたくさんの人が利用しているアプリです。
しかしラインと同じようなサービス機能を伴うアプリはたくさんあります。
なのになぜラインだけが突出して利用者が多いのでしょうか?

その理由の1つはサービスを提供したタイミングが他よりも少し早かったという点にあるでしょう。
類似のサービスが出てもすでにそのサービスを利用しているのであればよほどの理由がない限りサービスを変えようとは考えません。
それに類似サービスの中で一番知名度が高く、それゆえに一番多くの利用者がいるからです。

ラインとはお互いにラインのアプリを利用していなければやり取りをする事が出来ません。
例えばあなただけラインを利用していても友達がみんなラインを利用していなかったら意味はないわけです。
みんなと同じアプリじゃないとやり取り出来ないという事で友達がラインを使っているから自分もラインを利用しようとラインに利用者が集中したというわけです。

また女性の場合はスタンプの種類の多さでラインを選んでいる人も少なくないでしょう。
チャットの文字の合間にスタンプを入れると可愛いですよね。
お気に入りのスタンプを使いたいからラインを利用するそんな人もいるでしょう。

そして最近欄はいろんなアプリと提携を結んでいます。
そのためラインはチャットや無料通話といったコミュニケーションツールに限定されていません。
ゲームで遊ぶ事が出来たり、音楽を聴く事が出来たり、占いをしてもらう事が出来たりと、ライン1つで余暇を過ごす事が出来るようになっています。
つまりコンテンツの充実からラインを選ぶ人が増えていると言えるでしょう。

既読通知機能はあてにならない?

ラインには既読通知機能があります。
相手があなたの書いた文章を見たら既読の通知がつきます。
そして既読されたからすぐに返事がくるのか、既読したのにスルーなのかとヤキモキする場合もあるでしょう。
しかしこの既読通知とは実は操作が出来る事を知っていますか?

スマホの機種によってやり方は異なるかもしれませんが、設定で通知設定をオンにすると過去の発言も読めるようになります。
そして表示される→を押す事で実際には相手の文章を読んで既読したにも関わらず既読マークがつかないのです。

返信も出来ないほど忙しい時にとりあえず内容だけチェックして急いで返信する内容ではないと判断した場合に利用したりします。
また相手の文章に対してどう返信をしたらいいのか即答出来ない、もう少し時間をかけて考えたいという場合も既読マークをつけずに時間を稼ぐ事が可能です。

しかしあなたがそんなふうに既読を遅らせているのと同じように相手だって自分の都合で既読を遅らせまだ読んでいないふうを装っているかもしれません。
本当はすでに読んでいるのに既読していない状態にする事が出来るという事は既読機能の意味があまりないと言えるでしょう。
そんなふうに裏をかいたり、駆け引きをするよりは既読機能が最初から備わっていない方がシンプルで良かったのではないかと思います。

また同時にプライベートな時間は自分の過ごしたいように過ごすべきですから、ラインがきたら即返というルール自体をなくし返信をしたい時に返信するというスタンスになればいいのにと思います。
なので既読通知機能はあまり気にせずにラインを利用する事をお勧めします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ